トップページ > 食の恵み:「食」と水

食の恵み

「食」と水〜くまもとの飲用水は100%地下水!〜

■日本一の「くまもとの水」を大切に

 熊本市では飲用水を100%地下水でまかなうという全国でもまれな都市の一つです。その清らかな水と肥沃な土壌は、熊本のおいしい農作物を育み、市民の生命を支えてきました。

 本市がおこなったアンケートで、食生活面で「くまもとらしさ」を感じることとして「水がおいしいこと」をあげた市民は9割、「良質な地下水が食材や料理のおいしさの基になっている」と思う市民は7割にのぼるなど、市民も絶賛する「おいしい水・おいしい食材」に恵まれた都市です。

 そこで「くまもとの水」という貴重な財産を守り、次世代へ継承するために、市民一人ひとりが「くまもとの水」は限りある資源であるということを再認識し、節水を心がけることが必要です。

★熊本市は「2013国連“生命の水(Wate for Life)”最優秀賞」を受賞しました

 国連は、2005−2015を“生命の水(Water for Life)”行動のための国際10年と定め、世界の各都市で行われている優れた水管理を推進しています。その中で、特に顕著な取組み事例を2011年から「国連“生命の水(Water for Life)”最優秀賞」として「世界水の日」(3月22日)に表彰しています。 熊本市は、人口74万人の水道水を100%良質で清れつな地下水でまかなっている、全国でも例を見ない都市です。この地下水を守るために、熊本県及び近隣市町村と協力した「水源かん養林の整備」や「転作水田を活用した地下水かん養事業」、熊本地域の地下水保全を推進することを目的とした「(公財)くまもと地下水財団」の設立など、広域での保全活動に取組んでいます。この賞は、行政区域を越えて自治体・関係事業者・住民が連携した、長年にわたる地下水保全の取組みが世界で高く評価されたもので、熊本市が日本で初めて受賞しました。

 

食生活で「くまもとらしさ」を感じるとき
※平成24年「熊本市食の安全安心・食育に関するアンケート調査結果」から

 

○熊本市の成果指標

熊本市の良質な水がおいしさの基になっていると思う市民の割合

活動事例が知りたい方はこちら

くまもと食のレシピはこちら

・くまもとの水についてもっと知りたい方は

このページの先頭へ戻る