トップページ > 食のネットワーク:「食」と市民運動

食のネットワーク

「食」と市民運動〜くまもとの食育運動の展開〜

■実践するのは市民のみなさん

 食育の推進には、市民一人ひとりが食育に対する関心を高め、実践することが大切です。生産から消費に係わる全ての人々が互いに情報を共有し、互いの理解と信頼を深め、全市民的な食育運動を展開していく必要があります。
 毎年6月は「食育月間」、毎月19日は「食育の日」です。
 家族や親しい友人と食卓を囲んだり、地域で開催されるイベントに参加するなど、一人ひとりが積極的に食育を実践し、市民運動としての食育を進めましょう。
 熊本市においては、「熊本市食の安全安心・食育推進会議」を開催し、食の安全安心・食育推進計画の進行状況の検証・評価を行い、計画の見直しに市民や食品関連事業者などの意見を反映できる体制づくりに努めています。

 食育に携わる保育所、幼稚園などの乳幼児期に携わる団体の「熊本市子どもの食育推進ネットワーク」を設置して、乳幼児期の子どもたちとその保護者が身近なところで情報を得ることができる体制を整備しています。

 

 

★熊本市子どもの食育推進ネットワーク

あなたの食育を身近なところで応援しています!

画面をクリックすつと拡大します

 

 

○熊本市の成果指標

「熊本市子どもの食育ネットワーク」における連携活動した団体等の割合 ※保育園・幼稚園が他団体と連携して食育に取り組んだ割合

活動事例が知りたい方はこちら

くまもと食のレシピはこちら

 

このページの先頭へ戻る