トップページ > 食のネットワーク:「食」の環境づくり

食のネットワーク

「食」の環境づくり〜事業者が支えるヘルシー食生活〜

■市民の健康を支える意識を

 「食」の多様化により、市民一人ひとりが自分に適した「食」を選択することが難しくなってきたなかで、食品関連事業者のになう役割は非常に大きくなっています。

 特に、外食を主体とした食生活を送る青年期を中心とする若い世代、ひとり暮らしや高齢者の健全な食生活を支援するためには、食品関連事業者等と連携した取り組みが必要となっています。 地域の飲食店や販売店、食品メーカー等は、自らが市民の健康をになっているという自覚と責任を持ち、率先して食育を進めていくことが求められています。

 栄養成分表示やヘルシーメニュー等の健康に関する情報の提供や工場見学等の体験活動の実施など、消費者が食育を実践しやすい環境整備をすすめましょう。

 

健康づくりできます店

★健康づくりできます店

食健康づくりできます店とは…
健康くまもと21推進市民会議と熊本市が協働で募集し認定した、市民の健康づくりを応援するお店のことです。

・栄養成分表示 ・ヘルシーメニュー
・ヘルシーオーダー ・地産地消
・禁煙分煙の推進 ・バリアフリー
・高齢者にやさしい店 ・子ども同伴でも安心の店
・若者の心や体の健康づくり ・健康づくりの情報提供
・健康づくりに関するお店からの提案

このうちのいずれかに取り組んでいるお店です!!

 

○熊本市の成果指標

栄養に関する表示等を参考にしている市民の割合

活動事例が知りたい方はこちら

くまもと食のレシピはこちら

・健康づくりできます店についてもっと知りたい方は

 

このページの先頭へ戻る